はぴはぴかむかむ

はまだごと。それいがいのこと。

☆周年

ずっと君がそこにいてくれるから。

ずっと私は君を見つめていられる。

 

そんな当たり前の幸せを噛み締める、この日。

 

デビューしてくれてありがとう。

安心のブレゼントをありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆年前の今日も。

いまこの瞬間も。

ずっと、ずっと。

ジャニーズWESTはダサいんじゃなくて親近感

おはようこんにちはこんばんは。

 

まずは鳥居弘文さんがお書きになったこのブログをお読み下さい。

友人に紹介してもらったんですが、貪り読みました。

 

面白いなあああぁ。

 

内容はSNSに関してなんだけど、別にSNSに特化した話ではなくて。

“大衆ウケ”について語られてるから、エンターテイメントとかもっと狭めてジャニーズアイドルとかもっともっと絞ってジャニーズWESTの戦略にも通じるな、と。

 

>やっぱり、どれだけ頭で理解していても、ブランドやメーカーさんが「親近感」のために、あえてダサくするという判断をすることってなかなか難しいんですよね。

>誰だって、自社の商品のブランドイメージはダサくしたくはないですから。

 

これこれこれ!これだよ!

ジャニーズWESTがもがき苦しんでるヌメヌメした水草いっぱいの沼の正体が何なのか、端的に説明されてるじゃない。

 

ジャニーズWESTが目指しているのは『カッコいいグループ』ではないんですよね。

私もTwitterで何度も繰り返し言ってますが、彼らは個人の実績をグループに還元するという形で売れようとしている。

そしてジャニーズWESTのメンバーが武器にするのは「すぐ隣にいる関西人のお兄ちゃん感」=「親近感」で。

 

「親近感」を無理矢理持たせようと必死になりすぎて、事務所がコテコテ関西人売りからいつまでたっても抜け出せないから、ファンはフラストレーション抱えるしライトなアイドルファン層からもそっぽ向かれるという悲しい現状に…。

 

私たちヲタクは、ジャニーズWESTという商品のブランドイメージをダサくしたくはないのよ!

わかって!!!

 

違う違う そうじゃ そうじゃな~い~♪(鈴木雅之)

ってやつですよ。

 

キワモノじゃなくてさ、ブログ内にもあるように器用に親近感を作り出せることができるグループにならなきゃダメなんだよね、ジャニーズWESTは。

 

カッコよさは失わず、それでいて茶の間に受け入れられやすい親近感も持ってるグループ。

 

道のりは険しいだろうけど。

 

そうなれば個人でもドラマやバラエティーで引っ張りだこになるだろうし、個々が強くなれば当然グループだって人気が上昇する結果になる。

うん。

 

方向性ははっきりしてるんだから、あとは戦略だよね。

事務所が方向転換するか、それともメンバーがセルフプロデュースで強引に違う方向に舵を切るか。

今後に期待、ってところでしょうか。

おまえが消えて喜ぶものに お前のオールを任せるな

 

 

 

その船を漕いでゆけ お前の手で漕いでゆけ

お前が消えて喜ぶ者に お前のオールをまかせるな

 

 

 

私は長い間濱田担をやってきたので、濱田崇裕という人が

ボキャブラリー貧困なことも、漢字を知らなさすぎることも、文章構成能力に難ありなことも、

もちろん、知っています。

 

だけど彼の内には言葉として形になる一歩手前のつぶつぶのようなものが冷たく静かに積もっていて、

 一たび何かのきっかけがあると溶岩だとか火山灰といった固形物となって言葉が溢れだす。

そういう人であることも、よく知っているのです。

 

多くの濱田担は「ごつごつしていて不格好なつぶつぶのままでいいから、思いの丈を彼自身の口から語ってほしい」

そんなことを願っているのではないでしょうか。

 

Jr.時代の濱田さんは身を置くユニットが失われたことによってソロ活動となり。

口下手な自分を助けてくれる人がいない状態で、不器用ながらも必死で言葉を生み出し伝えようとしていた。

必死で紡がれた濱田崇裕の言葉、ふとした時に彼の口からこぼれ落ちるそれに何度胸を熱くしたことか。

 

決して語れないわけじゃない。

 

口が達者なメンバー揃いのジャニーズWESTだから、

テレビのような限られた時間内で瞬発力が求められるトークを現時点で任せられることはないでしょう。

だけど、いずれはトークが得意な彼らと同等に話せるスキルを身につけたいと本人は思っているかもしれないじゃないですか。

 

それなのに

 

カミカミ担当だから大事なところで噛んどきゃいいとか。

しっかりしたところでおもしろくない、噛むのもお前の仕事だとか。

しっかりしてる濱ちゃんを求めてないとか。

 

そんなことを周りから言われていると知った時の絶望感。

 

ジャニーズWESTの落とされ担当としていつまでもヘタレ濱田のままでいることを望まれているのか、なんて。

そんな馬鹿なことを勘ぐってしまったりして。

 

最近は彼の無骨だけれどキラリと光るものが隠されている言葉に出会う機会がめっきりと減りました。

彼の人となりが透けて見える言葉が心に響き渡ることがほとんどなくなりました。

 

その理由が「自分は前に出て話すべきではない、噛みキャラに徹したほうが周りから褒められたりウケたりする」と思っているからだとしたら…。

 

 

悲しい。

とてつもなく悲しい。

 

 

万が一、そういった役割を期待している人がどこかにいるのだとしたら。

濱田崇裕をスポイルするのはやめて!と泣きながら訴えたい。

 

 

 

 

その船を漕いでゆけ お前の手で漕いでゆけ

お前が消えて喜ぶ者に お前のオールをまかせるな

 

 

 

自分の存在を無意識のうちに軽んじている人には、間違っても濱田崇裕のオールを預けないでほしいのです。

遥か先の自分の夢へと続く急流、その急流を渡り切るには自分の手でオールを漕ぎ続けるしかないのだから。

Myojo 10000字ロングインタビュー『STAND BY ME』 濱田崇裕(ジャニーズWEST) 感想

「濱ちゃんはいい人」「濱ちゃんみたいな優しい人はどこにもいない」というコメントが、ジャニーズWESTメンバーやジャニーズ事務所に所属する先輩後輩そしてファンの間に散見しています。

それはもう、ジャニーズWESTというグループや濱田崇裕というメンバーを少しでも知る人たちにとっては定説となっていて。

彼が私生活においてもパブリックなお仕事現場においても天性の柔らかな雰囲気やこれまでの人生経験によって培われた気配りによって誰からも愛されていること、そしてその“人たらし”能力によってメンバーやスタッフとの絆を深めてその結果WESTとしてのお仕事にも良い影響を与えていることは疑いようのない事実です。

 

だけど。

誰に対してもいい人。

誰に対しても優しい人。

その反面、あなたの核となる部分には“あなたが大事だと思っている人”にしか決して触らせてくれない人。

私はそう思っていて。

 

今、2巡目となった1万字インタビューを読んでもやっぱりその感想は変わらない。

きっとインタビュアーが引き出したかったであろう4→7の裏にあるメンバー間のゴタゴタだとか、濱田さんの激しく揺れ動いた感情だとか、それらについては一歩引いた場所に立ってサラッと流すだけだったね。

 

濱田さんが熱く語るのは、大好きなメンバーのことと大好きなお仕事のこと、いつもそれだけ。

 

(物議を醸したレコメンでの淳太くん「昔はてっぺんにいきたいとか言ってましたけど、いろんな人と出会ってそうじゃないなと思った」発言を、「俺たちはジャニーズで一番親しみやすい“国民の友だち”になろうって考えている」「友だちを増やしていったら気づいたらてっぺんに立ってるんじゃないか」というビジョンを示してするりっと回収しきったあたり、無意識なくせに策士だなぁと苦笑いするしかないですがそれはまた別のおはなし。)

 

インタビュアーの「デビューから4年、長かった?」という問いにだって

 

  楽しかった。とにかくすっげー毎日が楽しかった!!

 

と4年間の詳細は語らず、自分が持つふんわりとした4年という月日の印象を語るだけ。

 

よく小瀧くんが「濱ちゃんは思ってることを言葉にするのが不得手、思わず通訳してしまう」といった意味のことを言ってるけど。

1万字インタビューはボキャブラリー貧困だからではなく上手く言語化できなかったわけでもなく、確信犯的に。

“語らなかった”のだと思います。

“語る必要のないこと”を“語らなかった”だけだと思います。

 

だからと言って、濱田崇裕という人が冷たいのかと言えばそうとも言えなくて。

 

あの年の大晦日に淳太くんから「4人でデビューすることになりました」という連絡を受け、その時に濱田さんの脳裏に浮かんだのがウエディングプランナーというお仕事だったという逸話。

 

  あの瞬間、悩んだからね。思いついたのがウエディングプランナーだったんです。

  ウエディングプランナーなら、人生でいちばん幸せなタイミングの人たちに寄り添う仕事じゃないですか。落ち込むことひとつもないじゃんって(笑)

 

冷たい人が「人生で一番幸せなタイミングの人に寄り添うのであれば落ち込まなくてもいい」なんて思うわけもなく…。

 

これは今ジャニーズWESTのコンサートで濱田さんがいつも発する定番の言葉。

『これからみなさんに、幸せなことばかりおこりますように』にも通ずるんじゃないでしょうか。

 

やはり私にとって濱田崇裕という人は。

謎ばかりな人。

見せてはくれない人。

掴ませてはくれない人。

 

もう十数年必死で追いかけて見つめ続けてそれでも何一つわからない。

それが悔しくて、情けなくて。

 

でも考えてみれば私がイメージする優しい人というのは“私がやってほしいと思うこと”を言葉だったり行動だったりでしてくれる人だったよなぁと。

ほしいものをくれる人を優しい人だと思うのは当たり前。

そうじゃなく「絶対にやってほしくないこと」をやらない人の優しさは伝わりにくくて、まさに濱田さんはそのタイプの人なんじゃないかと今は考えられるようになりました。

 

2013年12月31日に「ジャニーズをやめようと思ってる」と周りにメールしたこと、それはファンには告げられたことがない事実で。

そこまでは話してないよね、とインタビュアーに聞かれると「言ってなかったんか。隠してたのかもしれないですね」と普通に語る彼。

 

  この7人でいるから楽しかった。この7人とだからデビューしたかったんだって。

  残っても、4人と別の道を歩くなら、楽しくないやろなって。やめようって決めて。

 

こんなことを1万字インタビュー1巡目で暴露されていたら、その時の私は受け止めきれなかったかもしれません。

裏切者だ、私たちファンを置き去りにしようとしただなんて、ときっとお門違いに濱田さんを恨んで苦しんだはず。

私に似たファンの人が、私以外にもいたかもしれなくて。

だからこそ敢えて口をつぐんで…。

 

自分の核心に触れさせないことによって裏切らないでいてくれた、ファンの心を守ってくれた。

その行為を名付けるとしたら『優しさ』という言葉しかないのかもしれません。

 

全然優しくないくせにとんでもなく優しい濱田崇裕という存在をこれからも私は愛していけるのだろうか…愛せますように…。

そんな祈りにも似た儚い願いが胸をかすめた10000字ロングインタビュー『STAND BY ME』 濱田崇裕編でした。

 

1巡目の10000字感想はこちらの旧blogで

はぴはぴかむかむ♪ by な☆な☆|CROOZ blog

Myojo 10000字ロングインタビュー『STAND BY ME』 藤井流星(ジャニーズWEST) 感想

 昨日、Myojoの2018年4月号に掲載されている藤井流星くんの10000字ロングインタビューを読む前に私が呟いたツイートです。

私はジャニーズWESTの濱田崇裕くんのファンであることに誇りを持っていて、滅多に口になんかしないけど実は「濱田さんはジャニーズ1の自担だから!」と心の底から信じていて。
だけど何故か、ふとした瞬間に心の奥底へするりと入り込んでくるかのような言葉をくれるのは藤井流星という人。
そんな流星くんが語る二巡目の10000字だから、それを手にする日を心待ちにしていたのです。


予想に違わず、流星くんの口から流れ出た言葉は純粋でキラキラしていて。
だけど空から落ちてくる流れ星の破片に私たちが遭遇すると、それは鋭利な刃物へと変化して肌を切り裂くことがあるかのように。
流星くんの言葉は、忘れかけていた…いや忘れようとしていた私の心の傷口を深く抉るものでした。

完全にトラウマになっている、4→7の一件。
インタビュアーが「デビュー前後のこと、今も思い出すことってある?」と口火を切り、それに伴って語り始めた流星くん。

  あえて思い出すことはない、聞かれなければ言わないし、誰も意識してない。
  あの時期の話は、全員ツラかったから思い出したくない。

あぁそうだね、私だって一瞬たりとも忘れたことなんてない。
あの悪夢のような時期のことを忘れることなんてできないし、忘れる必要もないと思ってる。

だけど、流星くんはこう言うのです。

  ただ、7人でデビューできた感謝は忘れちゃいけない。

そして、こんな衝撃的な事実も語るのです。

  デビューしてからだっていろいろあった。
  4人と3人の差をつけるために、3人の衣装から装飾を“それいらない”“そこもいらない”とはがされていく。
  衣装だけじゃない、歌割にも差があった。

あとから入った3人のファンだった私が、何度も悔し涙を流した『格差』について淡々と…。

だけど、流星くんはさらりと、ふうわりと。

  ここには書けない影の努力があったんだよってことだけ書いてくれたらいいです。

それだけを文字にするようにとインタビュアーに託して、次の話題へと切り替えてしまう。


私が流星くんを何かに喩えるとすれば、風のような人だと言うでしょう。
彼の本質は、掴まえようとしても決して掴まえられない『風』、誰かに囚われてしまうことなど絶対にない『風』。
  
藤井流星という風は、またもや私の心の中を暴れまわると同時に爽やかな香りと、そして新鮮な酸素を送り込んで。
私の傷口をスッと撫でてあっという間に去っていきました。

今回の流星くんの10000字インタビューも、未だにジクジクと痛むことがある傷を覆う絆創膏のような存在として。
本棚の一番奥にそっと並べておきたいと思います。

 

 

 1巡目の10000字感想はこちらの旧blogで

はぴはぴかむかむ♪ by な☆な☆|CROOZ blog

 f:id:happyhappycomecome:20180223222451j:image

「自担へのお手紙に関する30の質問」に答えてみた

おはようこんにちはこんばんは。

相互さんBlogで面白そうなお題を見かけました。

 

「推しへのお手紙に関する30の質問」を作ってみました - とにかく推しが可愛いので

 

濱田さんへのファンレター、本当に長い間書いてないんですけどね。
ついこの間昔馴染みちゃんに「いい加減〇〇さんははまちゃんに手紙書きなよ~」と怒られたこともあり。

いい機会なので便乗してみます。

 

1.初めて渡した手紙を覚えていますか?

→勿論です。濱田担になったその日にお手紙を書いて渡しました。「今日から私はあなたのファンになります!」って宣言したなぁw


2.封筒、便箋にこだわりはありますか?

 →全くありません。昔は無印良品の地味~な封筒便箋を使ってました。


3.便箋何枚くらいの手紙を書きますか?

 →絶対に1枚!長い手紙を読んでもらうのは応援している人の時間を奪うことになるのでご法度、これは私のポリシーです。


4.手紙を渡す頻度はどれくらいですか?

 →最近は余程の出来事がないと渡さないです。つまりは数年に一度ってことか?ひゃー。

 

5.マチソワ間での手紙は書いたことがありますか?

 →何度もあります。松竹では昼公演を観てその感想を合間に書いて夜公演でファンレBOXにイン、が当たり前でした。

 

6.下書きを作成しますか?

 →しません。手紙は鮮度が命!


7.下書きをする場合はどのような形式ですか?

 →下書きしないので割愛。


8.下書きまたは手紙の文章を考えるタイミングはありますか?

 →難波とか日比谷に向かう電車に乗っている時に頭の中で文章こねくり回してるかなぁ。


9.下書きまたは本書きの履歴は残っていますか?

 →これも鮮度が命なので残していません。私の記憶に刻まれていればそれでいいです。


10.便箋に文字を書くタイミングは決まっていますか?

 →電車の中で書くと字がガタガタになって見苦しいので、自宅かカフェかで書き始めますね。


11.手紙を書きながら予定していたことより文章が増えることはありますか?

 →昔はそうなりがちでしたが、最近はさっき述べた理由で簡潔にまとめるように心がけているので長くはなりません。


12.時節の句や締めの句など手紙の様式に沿った書き方を心がけたりしますか?

 →毎日寒いね~とか今日も暑いね~的なことは書いてたなぁ。


13.書かないように気を付けていることはありますか?

 →ファンに関する否定的な内容は一度たりとも書いたことがないです。


14.これは必ず書いているということはありますか?

 →崇裕くん、という呼びかけを必ずします。初ファンレからそれは変わりません。

 

15.宛名に「~~へ」や「Dear」、「To」などは書いていますか?

 →書かないなぁ。宛名は普通に“濱田崇裕様”です。

 

16.手紙本文の書き出しで名乗りますか?

 →名乗りません。


17.手紙本文の書き方は敬語ですか?

 →絶対に敬語を使います。『例え歳下でも相手はタレント』だと躾られたんだもん。

 

18.手紙の中に推しの名前はどれくらいの頻度で出てきますか?

 →結構名前書くかも!

 

19.手紙の中に好きという単語はどれくらいの頻度で出てきますか?

 →私のキャラに合わないので使わないってばw


20.手紙の中に必ず入れてしまう自身の癖のような文章はありますか?

→自分では気付かないなぁ、あるのかな?


21.便箋にページ番号は振っていますか?

→1枚しか手紙は書かないのでページ番号を振る機会がありません。


22.本文最後に自分の名前以外に書いていることはありますか?

→自分の名前で締め括っています。


23.最推し以外に手紙を書くことはありますか?

→ないです。自担はオンリーワンの存在なのでそれ以外の人に思いの丈を伝える必要なし。


24.最推し以外への手紙の頻度はどれくらいですか?

→書かないので割愛。


25.下書きを読み返すことはありますか?

→下書きしないので割愛。

 

26.読み返した下書きについて手紙や別の形で推しに報告することはありますか?

→下書きは書かないけど、TwitterやBlogに綴ったことを別の文章として手紙に記したりはするかも。


27.手紙を書いている上で自身が変わったなと思うことはありますか?

→あるある!やっぱりJr.に入りたての頃の手紙とバドボ時代・B.B.V.時代・デビュー当初・そして今仮に手紙を書いたとしてスタンスの違いは明確にあります。


28.手紙について推しから言及されたことはありますか?

→「手紙の字が読みやすいですね」とは言われた、何だそりゃwww


29.手紙に書けないけど伝えたい想いはありますか?

→ありますねぇ。Jr.時代なら叶ったかもしれないけどデビュー組となった今は書けない、伝えられない想いがあります。

 

30.自分の手紙と推しについて語りたいことをどうぞ

→自担のファンが3人とか5人とかだった時代は、『枯れ木も山の賑わい』的な意味合いで私が手紙書かなきゃ!という義務感がありました。今の自担は万単位でファンがいる人になったので、私の手紙があってもなくても変わらないよね~とほぼ手紙を書かないファンと成り果てていましたが。自担の手元に届く届かないに関わりなく、自分の気持ちを整理するためのお手紙を書いてもいいかなぁと考え始めています。極端な話、出さない手紙でもいいかも。

 

どこかの劇場で濱田さんにお手紙を託せる機会があるなら、久しぶりに…ね。

精一杯の『大好きだよ』の想いを、届けたい

近畿北部から北陸にかけて大寒波に襲われている2018年2月5日という日。
もう4年前となる2014年2月5日もとても寒い日だったね。
そう、ジャニーズWESTが7人でデビューすることが夜の7時に公式に流れた、あの日です。

自室も、心も、冷え切っていたなぁ。
暖房もつけずにスマホだけを握りしめて部屋の中でうずくまって泣いていた。

その頃の心境を綴ったBlog

なにわ侍千秋楽を終えて。(604)|はぴはぴかむかむ♪|by な☆な☆|CROOZ blog

は文章のあちこちに血が滲んでいるかのようで。
今そっとそれを開いてみても、まだ悲鳴を上げてしまうくらいに痛い。
そのBlogの最後に『「あぁ、あの時はそんなつまんないことで悩んでいたんだな」ってこの日記を数年後に読んで笑い飛ばせるようになっていればいい』と書いてありました。
その数年後の今日、なにわ侍のことや日生劇場のことを思い返して笑えるようになっているかと言えば…ちょっと無理です。
なにわ侍のDVDは封さえ切られないまま引き出しの中にあるし。
ジャニーズWEST4が発表されたカウコンのことを考えるだけで震えが来るし、東京ドームを目にしたくないので未だに後楽園の駅から先には踏み出せません。

馬鹿みたいでしょ?だけど本当にダメなんです。
一度仕事の研修会で春日駅を利用したんだけど、ちらっと遠目でドームを見ただけで過呼吸気味になって本当に倒れそうになってしまって。
そこから必死で離れて新宿だったかな?のあったかいカフェに駆け込んでやっと人心地ついて。
人間の心なんて柔いものだなぁと…そんなことをコーヒー啜りながらぼんやり考えたっけ。

それでも。
あの日から4年後の2018年の2月5日にもジャニーズWESTのファンで居続けている私は、濱田さん以外のメンバー全員を心の底から好きだと言えるようになったよ。
ジャニーズWESTのコンサートに通って、自担ではない人の一挙手一投足にドキドキしてきゅんきゅんして、張り切ってTwitterで感想を呟く。
そんなことをやってるよ。

2015年の2月5日のBlog

一歳のお誕生日に、ひとりごと。(619)|はぴはぴかむかむ♪|by な☆な☆|CROOZ blog

には『ジャニーズWESTというグループを好きになろうとしている』と記してた。
そんな私が、今いる場所にまで辿り着けるなんて…考えてもみませんでした。

頑なだった私をここまで連れてきてくれたのは間違いなくジャニーズWESTの7人です。

ジャニーズWEST結成の日を記念日として祝う心境にはまだなれない、情けないファンだけど。
せめて、精一杯の『大好きだよ』の想いを彼ら7人へと届けたいと思います。