読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴはぴかむかむ

はまだごと。それいがいのこと。

『もぎたて関ジュース』の「ファンに年数は関係ない」発言についてつらつらつらつらと

月曜日の朝っていうのは何をどうしたって勤労意欲が沸かずテンション低いと相場が決まっていますよね。
ゴールデンウイーク明けの月曜日、つまり今日なんてもう、泥のように重い身体を引きずるようにして出勤準備する羽目に陥るわけですが。
ジリリ目覚ましが鳴り血圧はどん底で寝グセだらけの顔で(どこかにそんな歌がありましたっけね?)起き上がって、ふとスマホの画面を見るとLINEの未読が。
「うぇっ、誰?」と恐る恐る画面をタップすると、あぁやっぱりな~という内容がふっるーいヲタ友から…。

いい年ぶっこいた社会人ヲタが何を馬鹿なことで鬱々としてるんだ、って一笑に付されるかもしれないけど。
所詮はヲタなんて面倒臭い生き物なんですよ、オトナになんてなかなかなれないもんなんですよ。
ということで、2016年5月8日つまり昨夜の『もぎたて関ジュース』における「(б∀б)ファンに年数は関係ない」「(^ヮ^=)ファンになるのに遅いとか早いとかは関係ないしあったら困る」「(ノノ_☆)ファンは皆平等、ライブ会場に来たら一緒」等々の発言に関して私が思ったことなどをつらつらつらつらと。

昔々の大昔、私が大学に通っていた時に一般教養の単位を取るために心理学の講義を受けました。
そこで得た知識を掘り起こしてきて色々と考えてみる。
もしかしてもしかすると、心理学が専門の現役大学生なんかもフォロワーさんにおられたりするんでしょうか?
何せ古い知識ですから、万が一間違ったこと言ってたらこっそり教えて下さいね、修正します…。

人間の本能には食欲とか睡眠欲があるでしょ。
それ以外に承認欲求ってのもあって、これもまた強い欲求であると教わりました。
この欲求が満たされないと病むの。
家庭でも職場でも周囲から認めてもらえないとそれがストレスになるの。
毎日ご飯作ってお掃除して家でダンナや子供を待ってるお母さんであれば母の日に家族から「なかなか言葉にできないけど俺たちのためにありがとう、感謝してるよ」って口に出してもらいたいじゃない。
人手不足の中必死で連勤して残業してやっとノルマ果たしてる社畜は上司から「いつも苦労させてるな、お前の働きがあるから何とか仕事が回ってるよ」ってボーナス査定良くしてもらいたいじゃない。

古くからのヲタも同じだと思うわけ、認められたいわけ。
ずーっとずーっと大好きで、ずーっとずーっと応援してきた淳太くんや重岡くんや流星くんに。
「君が長年ファンやってきたことは無駄じゃないよ、ちゃんとわかってるし感謝してるよ」
「新たなファンが増えても肩身が狭いなんて思わず君はここにいていいんだよ、いてくれなきゃ困るよ」
とか何とか。
言葉を使って、きちんと評価をしてもらいたいだけ。

別にどこかの場面で特別扱いしてもらいとか、そういうことじゃないって思うんです。
若くて可愛い新規のファンが大切にされることなんて当たり前、売れるために新規獲得キャンペーンが続くであろうことも覚悟してる。
デビューしたが最後昔のようになんて無理なことを知ってるからこそ。
それでも今後もヲタ活を続けていく、その上で心の拠り所とすべき言葉が欲しいだけだと思うんですよ。
スキすぎてスキでスキだから、終わることのないLove Love Storyを描いてほしかっただけ(本日2回目のどこかにそんな歌がありましたっけね?)なんですよ。
自担に。

なのに「ホンマに年数なんて関係ないからね!来てくれたらみんなファミリーやから。そりゃ昔っから応援してくれてるのももちろん嬉しいけどぉ~」なんて言われたら。
そりゃ凹みますよねえ。
「“けど”っていう否定形の後ろ、どういう言葉が続くわけ?何が言いたかったわけ?」
とふっるーいヲタ友からどよどよどよよんという怨念籠ったLINEを受け取り、返す言葉がなかった私。
だって、ある意味古株全否定とも受け取れる発言だものね。
「新たにファンいっぱい付いたから、もう私みたいなファンはいらないってことかな」って古株がいじけちゃうのも仕方ない。

ごめんよ、ろくな慰めも言えない役立たずな友達でさぁ。
ヲタ友は今日仕事だし、私も同じくだし、せめて「私はアンタの気持ちわかるよぉぉぉ」という想いがこのblogを綴ることで伝わるかなぁ。

デビューするとね、10万人20万人っていうファン=顧客を相手に商売しなきゃならないから大多数に向けての言葉を発せざるを得ないと誰だって理解しています。
そうじゃないと人気者にはなれないものね。
1人のデビュー前からのヲタを大事にするより、2人の新たにファンになってくれた人を優遇するのは理にかなってる。
CDの売り上げ枚数にしろテレビの視聴率にしろ、古くからファンやってるからって1人は1人なんだから1人の新しいファンと同じ貢献度だわ。
貢献度同じなんだからそりゃタレント側からすれば平等に扱うのが当然だわ。
ただねぇ、言葉をチョイスする際に少数のデビュー前からの厄介ヲタをも転がせるものを選んで頂けたなら。
彼方立てれば此方が立たぬって事態に陥らずに古株も新規もまるっと抱え込む理想的な形にできるのになぁ、と思うわけ。
デビュー前にいた頭盛り盛りのギャルギャルしい強火ヲタどこいったー、なんてネタにされちゃう界隈(あの強そうなギャルたち、結構好きだったのに~)と同じことを繰り返してほしくないんだよね。

これって高望みなんでしょうか?