はぴはぴかむかむ

はまだたかひろさんのあれこれとか。

2020年の僕たちの夢へようこそ!

2019年も大晦日となりました。

Twitterではチラリと触れたかもしれないけれど、まだ自分の中ではちゃんと言葉にしていないので、今年のうちに…。

 

ジャニーズWESTの皆さん、そして濵田崇裕さん、2020年に初の東京ドーム公演決定おめでとうございます!!!

 

「東京ドームは目指していた場所の1つで、多くの皆様と一緒に夢が叶う瞬間を共有できることにワクワクしている」

濵田さんはそうコメントしていたね。

夢。たくさんの夢。

ジャニーズWESTとして叶えたい夢、濵田崇裕個人として叶えたい夢。

その中の1つを叶えた時に、濵田さんは私たちを手招きして「ようこそ」とにっこり笑ってくれるのです。

ジャニーズWESTの1stドームLIVEと銘打たれた京セラドームでの24コンの時に濵田さんが「僕たちの夢へようこそ!」と叫んだじゃないですか。

あの瞬間、その場にいた誰もが声にならない声で「来たよ、私たちはここへ来たよ…」と返事したように思います。

ようこそ、は歓迎の気持ちを表す言葉。

夢が叶った瞬間をジャニーズWESTだけで喜ぶのではなく、ファンとその瞬間を共有してこそ意味があるんだ。

ジャニーズWESTのメンバーたちは本気でそう考えていて、それを口にし続けてきたのだと思います。

だからこその「ようこそ」なのだと思います。

 

あれはもう6年も前のことになるのかな。

2013年12月20日、あの消しても消しても消えてはくれない記憶となった2013年末カウコンのたった10日前の松竹座で、濵田さんが訥々と語った言葉。

松竹座20日濱田神山藤井公演感想(601)|はぴはぴかむかむ♪|by な☆な☆|CROOZ blog

「付いてきてくれるみなさんに少しでも恩返しができるようにと思って」

「付いてきてくれるファンが本当のファンだなあーそんなみなさんがいいなあーと思って」

どこまでも、ファンファーストであろうとする濵田さんの胸中が透けて見える言葉です。

だって。

「みなさんの為に全力を尽くして生きていくことを誓います」

ですよ?自分の為にじゃなく、みなさんの為に生きていくことを誓ってるんですよ?

すごくないですか。

 

デビュー前の苦しかった日々の中で紡いだ言葉と。

京セラドームに立った日に口から溢れ出た言葉と。

そして、ずっと目指していた夢の場所である東京ドームを掴んだことを告げる時の言葉と。

この3つが一直線上に重なっている。

「僕たちの夢へようこそ!」

ようこそ、この場所へ。

ようこそ、京セラドームへ。

ようこそ、東京ドームへ。

ようこそ。

皆様と一緒に夢が叶う瞬間を、待っていたよ。

 

2020年の僕たちの夢へようこそ!

 

その言葉を叫ぶ君の姿を楽しみにしています。

 

超えてゆけボーダーライン ~三十一歳おめでとうございます~

今この瞬間を、君はどこで迎えているのかな。

 

ジャニーズWESTにとって大事な大事な五周年イヤー、インフルエンザ罹患に始まりそのラストに骨折してしまった。

グループにとっても個人にとっても貴重な数十日をベッドに縛り付けられて、もしくはリハビリで過ごすことになって、一体君はどんな思いでいるのか。

考えただけでも胸が締め付けられるようです。

 

できることなら。

苦しさを自分だけで抱え込むのではなく、寄り添ってくれる誰かがいればいいのにな。

彼女でもいい、友達でもいい、家族でもいい。

不安な時、泣きたい時に傍に誰もいないのはキツいから。

 

そして寄り添ってくれる人の中に。

照史くんが、淳太くんが、しげちゃんが、神ちゃんが、流星くんが、のぞむぅがいてくれるなら滅茶苦茶に嬉しい。

 

    ひとりだけじゃ ガッツだけじゃ 越せない壁もある

    認め合えば滾る身体

    Go ahead!! 越えてゆけボーダーライン

    Go ahead!! Try again!!

    "The world is mine!!"

 

独りぼっちの濱田さんには越せない壁だって、きっとジャニーズWESTの仲間と共になら越えてゆけるはず。

そう信じてる。

そう信じられるようになった。

 

この、私が。

 

    Go ahead!! 越えてゆけボーダーライン

 

スマホのミュージックプレイヤーで繰り返し聴いたこのフレーズ。

幾多のボーダーラインを超えるためには、7人全員が必要なんだ!

その思いを新たにした2019年12月19日。

 

三十一歳のお誕生日、おめでとうございます。

☆周年

今日は私が濵田担になった記念日。

つまりは誕生日。

今年も無事に迎えられたよ。

おめでとう、おめでとう。

 

キミがデビューしてからは。

濵田担として年齢を重ねることが怖くなくなった。

Jr.時代はね、毎年怯えてたんだよ。

関西ジャニーズJr.の、濵田崇裕のファンを、やっています。

そう自己紹介しながら。

いつまで濵田担を名乗れるのかと怯えてた。

 

明日が確約されないのはJr.担の宿命だけど。

明日“関西ジャニーズJr.の濵田崇裕のファン”という肩書きを失うかもしれない状態で。

徒に年月だけを重ねていくのはつらかった。

 

デビューしてからというもの。

記念日がやってきて、数が増えることを嬉しいと思えるようになったよ。

明日という日を信じられるようになったのは、まるで奇跡。

奇跡を起こしたのはそう、ジャニーズWESTの力だよ。

ありがとう、ありがとう。

 

濵田担としての私の誕生日は。

ジャニーズWESTへの感謝で胸いっぱいにする日です。

キミにとってのコペルニクス的転回 ~三十歳おめでとうございます~

硬い硬い鎧を脱ぎ捨て、ひらり舞いながら三十代の世界へと足を踏み入れたキミ。

 

 

 

何度も何度も言われてきたよね。

「私たちは濵ちゃんのことが大好きなのに、自己評価が低すぎるのはなんでなのかな」

「私たちは濵ちゃんが何を考えてるかを知りたいのに、どうして周りの顔色ばっかり見て自己主張してくれないのかな」

って。

 

きっとキミの中には確固たる『理想の自分像』があって。

そこを目指しているのになかなか手が届きそうにもない。

その現実に焦って、悔しがって、そんな自分が許せなくて。

「自分の実力が足りないからこうなってしまうんだ」と自信喪失していた。

それが二十代のキミだったのかもしれないね。

 

そうなってしまったのは仕方のないことだと思う。

十代でも、二十代でも、普通の人生を歩んでる人なら味わわなくてもいい苦しい経験をして。

ある日大切なものを失ったり、掴めそうだったものが突然手からすり抜けたり。

それを二度も三度も繰り返したら、どんな人だって臆病になってしまうんじゃないかなぁ。

 

ひとたび欠けたり歪んだりした心を癒すというのはとても難しいことだけれど。

今は大切な仲間に囲まれて毎日を過ごしている。

もう失うことを恐れて立ち竦まなくてもいい。

そして信頼できる大好きなスタッフにも恵まれて。

 

『何かが、出来る濵田になりたいのか 別にそうは思わないのか。』

 

何かが、出来る自分になりたい!絶対になれるはずだ!

自分の可能性は無限大に拡がっているとやっと考えられようになったんだろうね。

 

自分を信じられなかったキミが、市場三郎~グアムの恋の大千穐楽で達成感を口にしたり。

な・に・わ・ぶ・誌に「歌が得意です。歌に自信を持っています」と書いたり。

 

私たちファンが感じた嬉しい変化は、キミ自身が“僕の中で大きな変化”だと思えるもの。

 

そう、それはキミにとってのコペルニクス的転回!!!

 

 

 

キミの人生における新しいステージへと、ようこそ。

三十歳のお誕生日、おめでとうございます。

☆周年

ずっと君がそこにいてくれるから。

ずっと私は君を見つめていられる。

 

そんな当たり前の幸せを噛み締める、この日。

 

デビューしてくれてありがとう。

安心のブレゼントをありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆年前の今日も。

いまこの瞬間も。

ずっと、ずっと。

ジャニーズWESTはダサいんじゃなくて親近感

おはようこんにちはこんばんは。

 

まずは鳥居弘文さんがお書きになったこのブログをお読み下さい。

友人に紹介してもらったんですが、貪り読みました。

 

面白いなあああぁ。

 

内容はSNSに関してなんだけど、別にSNSに特化した話ではなくて。

“大衆ウケ”について語られてるから、エンターテイメントとかもっと狭めてジャニーズアイドルとかもっともっと絞ってジャニーズWESTの戦略にも通じるな、と。

 

>やっぱり、どれだけ頭で理解していても、ブランドやメーカーさんが「親近感」のために、あえてダサくするという判断をすることってなかなか難しいんですよね。

>誰だって、自社の商品のブランドイメージはダサくしたくはないですから。

 

これこれこれ!これだよ!

ジャニーズWESTがもがき苦しんでるヌメヌメした水草いっぱいの沼の正体が何なのか、端的に説明されてるじゃない。

 

ジャニーズWESTが目指しているのは『カッコいいグループ』ではないんですよね。

私もTwitterで何度も繰り返し言ってますが、彼らは個人の実績をグループに還元するという形で売れようとしている。

そしてジャニーズWESTのメンバーが武器にするのは「すぐ隣にいる関西人のお兄ちゃん感」=「親近感」で。

 

「親近感」を無理矢理持たせようと必死になりすぎて、事務所がコテコテ関西人売りからいつまでたっても抜け出せないから、ファンはフラストレーション抱えるしライトなアイドルファン層からもそっぽ向かれるという悲しい現状に…。

 

私たちヲタクは、ジャニーズWESTという商品のブランドイメージをダサくしたくはないのよ!

わかって!!!

 

違う違う そうじゃ そうじゃな~い~♪(鈴木雅之)

ってやつですよ。

 

キワモノじゃなくてさ、ブログ内にもあるように器用に親近感を作り出せることができるグループにならなきゃダメなんだよね、ジャニーズWESTは。

 

カッコよさは失わず、それでいて茶の間に受け入れられやすい親近感も持ってるグループ。

 

道のりは険しいだろうけど。

 

そうなれば個人でもドラマやバラエティーで引っ張りだこになるだろうし、個々が強くなれば当然グループだって人気が上昇する結果になる。

うん。

 

方向性ははっきりしてるんだから、あとは戦略だよね。

事務所が方向転換するか、それともメンバーがセルフプロデュースで強引に違う方向に舵を切るか。

今後に期待、ってところでしょうか。

おまえが消えて喜ぶものに お前のオールを任せるな

 

 

 

その船を漕いでゆけ お前の手で漕いでゆけ

お前が消えて喜ぶ者に お前のオールをまかせるな

 

 

 

私は長い間濱田担をやってきたので、濱田崇裕という人が

ボキャブラリー貧困なことも、漢字を知らなさすぎることも、文章構成能力に難ありなことも、

もちろん、知っています。

 

だけど彼の内には言葉として形になる一歩手前のつぶつぶのようなものが冷たく静かに積もっていて、

 一たび何かのきっかけがあると溶岩だとか火山灰といった固形物となって言葉が溢れだす。

そういう人であることも、よく知っているのです。

 

多くの濱田担は「ごつごつしていて不格好なつぶつぶのままでいいから、思いの丈を彼自身の口から語ってほしい」

そんなことを願っているのではないでしょうか。

 

Jr.時代の濱田さんは身を置くユニットが失われたことによってソロ活動となり。

口下手な自分を助けてくれる人がいない状態で、不器用ながらも必死で言葉を生み出し伝えようとしていた。

必死で紡がれた濱田崇裕の言葉、ふとした時に彼の口からこぼれ落ちるそれに何度胸を熱くしたことか。

 

決して語れないわけじゃない。

 

口が達者なメンバー揃いのジャニーズWESTだから、

テレビのような限られた時間内で瞬発力が求められるトークを現時点で任せられることはないでしょう。

だけど、いずれはトークが得意な彼らと同等に話せるスキルを身につけたいと本人は思っているかもしれないじゃないですか。

 

それなのに

 

カミカミ担当だから大事なところで噛んどきゃいいとか。

しっかりしたところでおもしろくない、噛むのもお前の仕事だとか。

しっかりしてる濱ちゃんを求めてないとか。

 

そんなことを周りから言われていると知った時の絶望感。

 

ジャニーズWESTの落とされ担当としていつまでもヘタレ濱田のままでいることを望まれているのか、なんて。

そんな馬鹿なことを勘ぐってしまったりして。

 

最近は彼の無骨だけれどキラリと光るものが隠されている言葉に出会う機会がめっきりと減りました。

彼の人となりが透けて見える言葉が心に響き渡ることがほとんどなくなりました。

 

その理由が「自分は前に出て話すべきではない、噛みキャラに徹したほうが周りから褒められたりウケたりする」と思っているからだとしたら…。

 

 

悲しい。

とてつもなく悲しい。

 

 

万が一、そういった役割を期待している人がどこかにいるのだとしたら。

濱田崇裕をスポイルするのはやめて!と泣きながら訴えたい。

 

 

 

 

その船を漕いでゆけ お前の手で漕いでゆけ

お前が消えて喜ぶ者に お前のオールをまかせるな

 

 

 

自分の存在を無意識のうちに軽んじている人には、間違っても濱田崇裕のオールを預けないでほしいのです。

遥か先の自分の夢へと続く急流、その急流を渡り切るには自分の手でオールを漕ぎ続けるしかないのだから。