はぴはぴかむかむ

はまだたかひろさんのあれこれとか。Twitter→→ hamataka1219

あの子に、想いを馳せて。

インターネットの海をふわふわと漂っていると思ってもみなかった出会いがあります。

 

むかしむかしあるところに、と語り始めなきゃならないくらいの遠い昔の出来事。

いや、私の中では昔の出来事なんかじゃなく色鮮やかな記憶として息づいているのだけれど。

ジャニーズWESTのファンや関西ジャニーズJr.のファンの大多数が実際にその姿を見たことがなく、今でも一連のあれこれを覚えているのはごく少数のWEST担と元関ジュ担で今は他の誰かを応援しているという人、それに加えて松竹座時代からずっと関ジャニ∞を見続けてきた古参のeighterくらいでしょうか。

だから、もう10年近くも前にいなくなってしまった子の話はごく限られた身近な友達としか共有できないものと思い込んでいました。

 

そんなある日手元のスマホの着信音が鳴り、飛んできた一通のマシュマロ。

内容を見て驚きました。

マシュマロは匿名のメッセージを受け取るサービスなので、当たり前ですが見ず知らずの方からのメッセージが突然届きます。

スマホに目を落とすと、私に投げられたマシュマロは自担の相方…今はもう名前を呼べないあの子のファンをしていた方からのものでした。

 

そこには、あの子が消えたことが辛くてジャニーズからフェードアウトしていたこと、『証拠』をきっかけにWESTに再度目を向けて松竹座やダブトラ配信なども観たことが丁寧な文章で綴られていました。

その方からメッセージを頂けたことが心の底から嬉しかったです。

だって、あの子のファンだった私の古い知り合いたちは皆関ジュから離れていってしまったから。

春夏秋冬と季節が巡るごとに待ち合わせなんてしなくても顔を合わせていた人たち、直接の知り合いではないから名前なんて知らないけれど「あぁ、あの人はよく会場で見かけるあの子のファンだ」と顔を覚えている人たちも一切見かけることがなくなって。

関ジュ時代の濵田さんの歴史を辿る際にも存在自体が抹消され、そのせいでろくに古い映像すら出せない自担の昔の足跡をあの子も含めた思い出として語ることができる相手はろくにいなくなってしまったのでした。

恋涙』や『青の時代』『Eden』などの先輩曲を二人が誇る美しいユニゾンで歌い上げていたこと、『さよなら~二人の空~』や『Battle』『Love or guilty』『GIVE ME』『STAY GOLD』といった数々のBOYSオリジナル曲を引っさげて華やかにパフォーマンスしていたこと、それを知る人はいてもBOYSというユニットの担当をしていた当事者同士として語ることはできなくて。

B.A.D.担や7WEST担だった人たちが過去を大っぴらに語るのをただただ羨ましく思っていた私にとって、きっとあの頃ステージに立つBOYSを熱い眼差しで見つめながら彼らがデビューする日を思い描いていたであろう方からのメッセージは涙が出るくらいに嬉しいものでした。

 

愛くるしい子犬みたいなジャニーズ顔で歌もダンスも上手くて、入所当時からプッシュされて、誰よりも高いプライドを持っていた子でした。

容姿にも実力にも恵まれたその子に対抗できるのは、同じ年に入所した新人Jr.の中では今振付師となっている子くらいのもので、その子たちのために入所後すぐにBOYSという5人ユニットができて。

その事実が悔しくてたまらず、無所Jr.の劣等感を打ち消すために「俺もユニット組になりたい!」と叫びながら死に物狂いで前へ前へとがむしゃらに進み、自分のためのユニ結成を実現させたのが照史くんでした。

関西のトップは名前を呼べないあの子と照史くんの二人で、B.A.D.とBOYSは常にライバルとして争っていたけれどその争いはある意味二人の代理戦争のようなもので。

まるで水と油の二人、そのどちらがデビューの夢を掴むのかと私は固唾を呑んで見守っていたのです。

私が長く応援している自担が唯一背中を預けてもいいくらいに信じていた、こいつとこの先一緒に戦っていくんだと名前を呼べない子のことを語っていた。

自担が片翼だと認める相方だもの、自担は私にとって絶対的な存在だけれどそれと同じくらいに大切なのはBOYSと相方だから、私もずっと相方の味方でいるんだ。

そんなことを大真面目に考えていました。

あの子がいなくなったあの日までは。

 

今思えば、高いプライドと表裏一体で弱いところを持ち合わせた子だったんだと思います。

遠い未来まであの子の味方でいると決めていた私の想いは、あの子がいなくなったことで行き場を失って彷徨うしかなかった。

だからその弱さを受け入れることなんて私にはできなかったのです。

恨んで恨んで、一生あの子のことは許してやらないと周りの人たちに告げました。

だって、濵田担の私があの子のことを許してしまったら一体誰が濵田さんの代わりに怒るんでしょうか。

あの子を許さない権利があるのは濵田担だけなんだから。

当の濵田さんはあの子に何もしてやれなかったと自分を責めることしかしないに決まってる。

だったら、そんな濵田さんの分まであの子を許さないでいなくちゃならない。

それだけではなく私や私ではない濵田担たちがあの子のことを許さない限りは、影も形も消えてなくなったBOYSというユニットは濵田担の中に存在し続けるじゃないですか。

あと、もう一つ。

あの子が必死で隠していた弱い部分に気付いてあの子の肩の荷を軽くしてあげられなかった、勝手にあの子に強さを望んで結果的にあんなことにさせてしまった罪がBOYS担にはあると悔やんでいるから。

だから私は今でも許していません。

私が濵田さんの応援を続ける限りは許したりなんかはしないでしょう。

濵田さんが芸能界でどれほど輝いたとしても、そんな濵田さんの相方だった子とBOYSというユニットを守れなかった罪をあの頃のファンは背負い続けなければならないのですから。

勿論、私も。

 

今でも濵田さんの隣にはあの子が一番似合っていたと思います。

立ち姿もダンスもトークも、そして何より歌った時にハーモニーがピタリと合わさるその相性の良さはまさに奇跡的で。

それらが忘れられなくて、あの子が優しい顔で“はまちゃん”と自担を呼ぶ時の独特のイントネーションが今でも耳許でリフレインするのです。

だけど濵田さんはジャニーズWESTのメンバーとなり、WESTはあの子が去ってから独りぼっちだった濵田さんがやっと手にした居場所で、WESTメンバーは濵田さんにとって唯一無二の存在となりました。

私もジャニーズWESTを愛していて、そう思えるようになったのはメンバーがいてくれたからこそです。

ジャニーズWESTが大空にかける七色の虹を私が地上から見上げる日が早く来ますように。

今の私は、それを待ち望むジャニーズWEST担です。

 

マシュマロを私に投げた方はまた何かの機会にジャニーズWESTを見て下さることがあるでしょうか。

WESTが歌う『証拠』を耳にした時、あの子とあの子の隣に立っていた濵田さんのことを思い出してBOYSを応援したことも思い出して胸があたたかくなればいいなぁ。

勝手ですけれど、そう思わせて下さい。

あの子を忘れることはないけれど、そう思わせて下さい。

むかしむかしBOYS担だった、BOYSが好きで好きでたまらなかった私からの、お願いごとです。

紫色のペンライトの海を。

2020年12月19日。

濵田崇裕さん、32回目のお誕生日です。

 

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2020 W trouble、新型コロナウイルスのせいで当初の日程から延期されての振替。

12月19日はマリンメッセ福岡での公演が予定されていました。

「えっ、濵田さんの誕生日を彼と同じ空間で過ごしながらお祝いできるの?」

濵田担であれば、誰だってそれを夢想したんじゃないのかなぁ。

だって、自担の誕生日当日におたおめを言うことができるって、ハッピーバースデーの歌を自担の目の前で歌えるって、ヲタクにとってはそりゃあスペシャルなことだから。

コロナが猛威を振るったことで、ダブトラのステージ上での濵田さん32回目のはぴばパーティー開催は夢と散ってしまいましたが。

 

本当に悔しい。

本当に悲しい。

 

配信LIVEという形だったとは言えダブトラは見事に形になり、その最終公演でジャニーズWESTメンバーとダブトラバックに付いてくれた関ジュくんたちにはっぴーはっぴーなお誕生日祝いをしてもらえたんですけどね。

だけど、それだけじゃ足りないんです。

 

私が濵田さんの姿を見たかったんじゃない。

濵田さんに見せたかったんだ。

会場のそこかしこで揺れる崇裕うちわを。

客席を染め尽くす紫色のペンライトの海を。

 

彼がこれまで歩いてきた道程の険しさについては、ジャニーズWESTのファンであれば大多数の人が知るところだと思います。

 

今はジャニーズWESTという居場所を得て、濵田さんは笑顔でお仕事に励むことができる。

濵田担としてその姿を見られるのはつくづく幸せだと感じます。

自分が幸せだから自担にはもっと幸せになってもらいたい。

そのために、ただのファンでしかない私ができることがあるならば何だってしたい。

ヲタクって業が深いから、そんなことを考えちゃったりしませんか?

 

私ができること、それが“客席に幾多ある紫色のペンライトの中のひとつになる”だったんです。

天井席だって、何なら立見だっていいから紫色のお星様になりたかった。

それを瞳に映した瞬間に目を細めて笑顔になる、もしかしたら感情が溢れ出てやっぱり突然泣き崩れるかもしれない、その濵田さんを見たかったなぁ。

ないものねだりなんですけど、ね。

 

来年こそは絶対に濵田さんにお誕生日おめでとうを伝えることができる、そう信じて…。

今日ははぴばを自分の胸の中だけで呟くことにしましょうか。

 

濵田崇裕さん、お誕生日おめでとうございます。

2020年の僕たちの夢へようこそ!

2019年も大晦日となりました。

Twitterではチラリと触れたかもしれないけれど、まだ自分の中ではちゃんと言葉にしていないので、今年のうちに…。

 

ジャニーズWESTの皆さん、そして濵田崇裕さん、2020年に初の東京ドーム公演決定おめでとうございます!!!

 

「東京ドームは目指していた場所の1つで、多くの皆様と一緒に夢が叶う瞬間を共有できることにワクワクしている」

濵田さんはそうコメントしていたね。

夢。たくさんの夢。

ジャニーズWESTとして叶えたい夢、濵田崇裕個人として叶えたい夢。

その中の1つを叶えた時に、濵田さんは私たちを手招きして「ようこそ」とにっこり笑ってくれるのです。

ジャニーズWESTの1stドームLIVEと銘打たれた京セラドームでの24コンの時に濵田さんが「僕たちの夢へようこそ!」と叫んだじゃないですか。

あの瞬間、その場にいた誰もが声にならない声で「来たよ、私たちはここへ来たよ…」と返事したように思います。

ようこそ、は歓迎の気持ちを表す言葉。

夢が叶った瞬間をジャニーズWESTだけで喜ぶのではなく、ファンとその瞬間を共有してこそ意味があるんだ。

ジャニーズWESTのメンバーたちは本気でそう考えていて、それを口にし続けてきたのだと思います。

だからこその「ようこそ」なのだと思います。

 

あれはもう6年も前のことになるのかな。

2013年12月20日、あの消しても消しても消えてはくれない記憶となった2013年末カウコンのたった10日前の松竹座で、濵田さんが訥々と語った言葉。

松竹座20日濱田神山藤井公演感想(601)|はぴはぴかむかむ♪|by な☆な☆|CROOZ blog

「付いてきてくれるみなさんに少しでも恩返しができるようにと思って」

「付いてきてくれるファンが本当のファンだなあーそんなみなさんがいいなあーと思って」

どこまでも、ファンファーストであろうとする濵田さんの胸中が透けて見える言葉です。

だって。

「みなさんの為に全力を尽くして生きていくことを誓います」

ですよ?自分の為にじゃなく、みなさんの為に生きていくことを誓ってるんですよ?

すごくないですか。

 

デビュー前の苦しかった日々の中で紡いだ言葉と。

京セラドームに立った日に口から溢れ出た言葉と。

そして、ずっと目指していた夢の場所である東京ドームを掴んだことを告げる時の言葉と。

この3つが一直線上に重なっている。

「僕たちの夢へようこそ!」

ようこそ、この場所へ。

ようこそ、京セラドームへ。

ようこそ、東京ドームへ。

ようこそ。

皆様と一緒に夢が叶う瞬間を、待っていたよ。

 

2020年の僕たちの夢へようこそ!

 

その言葉を叫ぶ君の姿を楽しみにしています。

 

超えてゆけボーダーライン ~三十一歳おめでとうございます~

今この瞬間を、君はどこで迎えているのかな。

 

ジャニーズWESTにとって大事な大事な五周年イヤー、インフルエンザ罹患に始まりそのラストに骨折してしまった。

グループにとっても個人にとっても貴重な数十日をベッドに縛り付けられて、もしくはリハビリで過ごすことになって、一体君はどんな思いでいるのか。

考えただけでも胸が締め付けられるようです。

 

できることなら。

苦しさを自分だけで抱え込むのではなく、寄り添ってくれる誰かがいればいいのにな。

彼女でもいい、友達でもいい、家族でもいい。

不安な時、泣きたい時に傍に誰もいないのはキツいから。

 

そして寄り添ってくれる人の中に。

照史くんが、淳太くんが、しげちゃんが、神ちゃんが、流星くんが、のぞむぅがいてくれるなら滅茶苦茶に嬉しい。

 

    ひとりだけじゃ ガッツだけじゃ 越せない壁もある

    認め合えば滾る身体

    Go ahead!! 越えてゆけボーダーライン

    Go ahead!! Try again!!

    "The world is mine!!"

 

独りぼっちの濱田さんには越せない壁だって、きっとジャニーズWESTの仲間と共になら越えてゆけるはず。

そう信じてる。

そう信じられるようになった。

 

この、私が。

 

    Go ahead!! 越えてゆけボーダーライン

 

スマホのミュージックプレイヤーで繰り返し聴いたこのフレーズ。

幾多のボーダーラインを超えるためには、7人全員が必要なんだ!

その思いを新たにした2019年12月19日。

 

三十一歳のお誕生日、おめでとうございます。

☆周年

今日は私が濵田担になった記念日。

つまりは誕生日。

今年も無事に迎えられたよ。

おめでとう、おめでとう。

 

キミがデビューしてからは。

濵田担として年齢を重ねることが怖くなくなった。

Jr.時代はね、毎年怯えてたんだよ。

関西ジャニーズJr.の、濵田崇裕のファンを、やっています。

そう自己紹介しながら。

いつまで濵田担を名乗れるのかと怯えてた。

 

明日が確約されないのはJr.担の宿命だけど。

明日“関西ジャニーズJr.の濵田崇裕のファン”という肩書きを失うかもしれない状態で。

徒に年月だけを重ねていくのはつらかった。

 

デビューしてからというもの。

記念日がやってきて、数が増えることを嬉しいと思えるようになったよ。

明日という日を信じられるようになったのは、まるで奇跡。

奇跡を起こしたのはそう、ジャニーズWESTの力だよ。

ありがとう、ありがとう。

 

濵田担としての私の誕生日は。

ジャニーズWESTへの感謝で胸いっぱいにする日です。

キミにとってのコペルニクス的転回 ~三十歳おめでとうございます~

硬い硬い鎧を脱ぎ捨て、ひらり舞いながら三十代の世界へと足を踏み入れたキミ。

 

 

 

何度も何度も言われてきたよね。

「私たちは濵ちゃんのことが大好きなのに、自己評価が低すぎるのはなんでなのかな」

「私たちは濵ちゃんが何を考えてるかを知りたいのに、どうして周りの顔色ばっかり見て自己主張してくれないのかな」

って。

 

きっとキミの中には確固たる『理想の自分像』があって。

そこを目指しているのになかなか手が届きそうにもない。

その現実に焦って、悔しがって、そんな自分が許せなくて。

「自分の実力が足りないからこうなってしまうんだ」と自信喪失していた。

それが二十代のキミだったのかもしれないね。

 

そうなってしまったのは仕方のないことだと思う。

十代でも、二十代でも、普通の人生を歩んでる人なら味わわなくてもいい苦しい経験をして。

ある日大切なものを失ったり、掴めそうだったものが突然手からすり抜けたり。

それを二度も三度も繰り返したら、どんな人だって臆病になってしまうんじゃないかなぁ。

 

ひとたび欠けたり歪んだりした心を癒すというのはとても難しいことだけれど。

今は大切な仲間に囲まれて毎日を過ごしている。

もう失うことを恐れて立ち竦まなくてもいい。

そして信頼できる大好きなスタッフにも恵まれて。

 

『何かが、出来る濵田になりたいのか 別にそうは思わないのか。』

 

何かが、出来る自分になりたい!絶対になれるはずだ!

自分の可能性は無限大に拡がっているとやっと考えられようになったんだろうね。

 

自分を信じられなかったキミが、市場三郎~グアムの恋の大千穐楽で達成感を口にしたり。

な・に・わ・ぶ・誌に「歌が得意です。歌に自信を持っています」と書いたり。

 

私たちファンが感じた嬉しい変化は、キミ自身が“僕の中で大きな変化”だと思えるもの。

 

そう、それはキミにとってのコペルニクス的転回!!!

 

 

 

キミの人生における新しいステージへと、ようこそ。

三十歳のお誕生日、おめでとうございます。

☆周年

ずっと君がそこにいてくれるから。

ずっと私は君を見つめていられる。

 

そんな当たり前の幸せを噛み締める、この日。

 

デビューしてくれてありがとう。

安心のブレゼントをありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆年前の今日も。

いまこの瞬間も。

ずっと、ずっと。